最新コンテンツ
(2014-05-24) スタッフ
久しぶりの五島、クロ釣り。
チヌの季節が終わり久しぶりに五島へ。木っ葉グロがメチャクチャ多い中、家族の食事…続く

(2014-05-24) 投げ スタッフ
シマノジャパンカップ投げ四国大会
日本中あちらこちらで鱚釣りトーナメントが始まりました!私自身今シーズン初の参戦…続く

(2014-05-23) シーバス スタッフ
WSS(湾岸シーバスソサエティ)東京湾1戦目
サンライン協賛の「WSS」(湾岸シーバスソサエティー)が本年度も開幕。初戦の旧…続く

(2014-05-22) チヌ スタッフ
G杯チヌ笠岡予選大会にて
どうしても手にしたい「G杯チヌ全国大会」出場の権利。あいにく、抽選漏れで落選し…続く

(2014-05-22) ロック/
ライトゲーム
ユーザー
夏を先取りした会心の26cm!!
日々、日差しが強くなり暑さが増してきています。日中は20℃を超える日も多くあり…続く

‹ First  < 573 574 575 576 577 >  Last ›

 
釣種を選んでください。
磯(763)   チヌ(756)   石鯛(18)   船(107)   防波堤(75)   投げ(40)   ヤエン(3)   シーバス(100)  
エギング(32)   ロック/ライトゲーム(147)   ジギング(103)   キャスティング(31)   バス(853)  
トラウト(88)   鮎(76)   渓流(18)   へら(50)   ワカサギ(17)   その他(60)  
釣り場のある都道府県を選んでください。
福岡県(72)   岩手県(66)   秋田県(32)   茨城県(115)   千葉県(149)   神奈川県(193)  
新潟県(58)   京都府(7)   福島県(119)   静岡県(413)   滋賀県(48)   山口県(124)  
香川県(12)   熊本県(37)   長崎県(170)   東京都(117)   兵庫県(146)   宮城県(32)  
岐阜県(122)   和歌山県(75)   山形県(60)   石川県(34)   青森県(25)   広島県(103)  
岡山県(53)   徳島県(41)   大阪府(194)   愛知県(82)   福井県(48)   山梨県(24)  
長野県(46)   三重県(67)   沖縄県(12)   佐賀県(36)   北海道(86)   奈良県(35)  
富山県(40)   埼玉県(7)   愛媛県(37)   高知県(49)   大分県(59)   鹿児島県(49)  
宮崎県(6)   島根県(29)   栃木県(4)   鳥取県(2)   群馬県(2)  

チヌ スタッフレポート
G杯チヌ笠岡予選大会にて


【名前】泉田 勝
【日時】2014年5月11日
【場所】笠岡沖の磯
【釣果】チヌ6枚35cm〜47.5cm(大会規定で5尾6,580g)
【仕掛】竿:がま磯 アテンダー2 0.6号5.3m
道糸:テクニシャンハイカラー 1.75号
ハリス:パワーストリーム 1.5号
【状況】 どうしても手にしたい「G杯チヌ全国大会」出場の権利。あいにく、抽選漏れで落選したがキャンセル待ち通過の連絡があり、意気揚々と予選会に臨んだ。

当日の参加者は100名。私が乗り込んだ船は笠岡諸島の中でも一番沖の島へと向かう。
この島は当たり外れが多い島で、時期を外すと船内全員ボーズの可能性もある。
その反面、時期さえあれば、総合優勝を狙える島でもある。

この島は大型が出るとのことなので『テクニシャンHiColor Type TC-H1.75号』と『パワーストリーム1.5号』を使用した。
競技開始後とともに風が強くなってきて、海面の潮を見る限り、生きた潮が流れていない。そこで、仕掛けを沈めて流していたところ、早々に35cm級のチヌがかかった。

ハーフタイムで釣座を変わるまでに40cm後半のチヌを含め4枚。規定匹数まではあと一尾足りない。後半に入っても釣れるだろうと思っていたが、二時間たっても魚からは音沙汰がない。そのうち、手前の潮は左流れに、沖の潮は右流れになり、細かなラインメンディングが必要な状態となったが、『テクニシャンHiColor Type TC-H1.75号』の水切れの良さで問題なく、沖の潮を攻めることが出来た。

その潮で規定匹数となる5枚目が掛かり、一安心。あとは最初に釣った35cm級のチヌの入れ替えが出来るかどうかである。試合終了10分前、念願の一尾が釣れ、40cm級に入れ替わった。

帰港し、検量すると6,580g。二位とは40g差で辛うじて優勝することが出来た。
併せて念願の「G杯チヌ全国大会」の切符を手にすることが出来た。
もし、『テクニシャンHiColor Type TC-H1.75号』の水切れの良さがなければ、この切符は手にすることが出来なかったと思う。魚にはもちろん、ラインにも感謝して会場を後にした。


‹ First  < 2872 2873 2874 2875 2876 >  Last ›