HOME > 会社概要組織図研究開発会社沿革
 
1977
昭和52
株式会社サンライン設立(資本金500万円)
1978
昭和53
第1号湿式延伸加工機を設置
1979
昭和54
耐水樹脂ハード加工の研究に着手
1980
昭和55
資本金を1,000万円に増資
1981
昭和56
耐水樹脂ハード加工の開発に成功。『キョクリンハード』発売
1982
昭和57
延伸および樹脂加工の集約工場が完成。『シグロン』発売
1983
昭和58
耐水樹脂ハード加工が認められ、欧米向けに貿易業務を開始
1984
昭和59
『パワード』を発売。業界に先駆けて標準直径・結節強度表示を採用
1985
昭和60
大阪営業所を開設(現、関西支店)
東京営業所を開設(現、東日本支店)
ナイロンモノフィラメント耐水樹脂加工の特許権取得
1986
昭和61
広島営業所を開設 (現・本社内西日本支店)
本社・工場を柳井市に新築
テーパー紡糸ライン導入
1987
昭和62
資本金を2,000万円に増資
米国ダンベイリー社の『Dai-Riki』ブランドにて当社製品を発売
二重構造紡糸ラインを導入し、新しい道糸の開発を開始
1988
昭和63
仙台営業所を開設
米国デュポン社と輸出契約を締結
太物紡糸ラインを増設し、本格的な増産体制を確立
1989
平成元年
マグロ延縄用製品の自社ブランド『大力』を発売
フロロカーボン糸の開発を開始
1990
平成2
米国デュポン社とコ・フィラメント(二重構造)の特許等に関する ライセンス契約、および販売代理店契約を締結
1991
平成3
資本金を8,000万円に増資
鮎釣り用としてメタルラインを発売
玖珂町の瀬田工業団地に新工場が完成
太物紡糸ラインを含めて、7系列の紡糸ラインが 一つの生産工場で生産開始
ナイロン釣り糸の生産量で国内トップになる
1992
平成4
高分子ポリエチレンの組糸 『DEEP ONE』を発売
北海道営業所を開設
フロロカーボン紡糸ラインを導入
1993
平成5
フロロカーボンンハリス『トルネード』を発売
1994
平成6
宮本健彦が代表取締役会長に就任
岡村亮治が代表取締役社長に就任し新体制がスタート
1995
平成7
瀬田工場に第二工場を増設
ナイロン、フロロカーボン、ポリエステルの紡糸ラインを4系列増設し、計12系列となる
1996
平成8
新スプーリング方式 「平行巻」 を採用
1998
平成10
柳井本社を玖珂町に移転
資本金を9,600万円に増資
1999
平成11
フロロカーボンンハリス『トルネードVハード』を発売
2000
平成12
ルアーグッズのブランドとして『シューター』を、磯用ブランドとして『ステータス』を発売
2001
平成13
「NSSノンストレススプーリング」 方式を採用
2002
平成14
鮎用釣り糸として「複合ライン」を発売
全作業所を閉鎖し、玖珂町にて本社一貫生産工場が完成
2003
平成15
仙台、東京、大阪、西日本の各営業所を、東日本(現、仙台営業所)、関東(現、東日本支店)、関西、西日本支店に改め国内営業強化を推進する
本社工場敷地内に、第二製品倉庫を増設
2004
平成16
私募債200百万円を、山口銀行の引き受けにより無担保、無保証で発行
北海道営業所を閉鎖し、東日本支店に集約する
2005
平成17
分析力強化のため走査型電子顕微鏡導入
アメリカ市場への自社ブランド展開を本格化する
2006
平成18
3月20日、8市町村の合併により、玖珂郡が岩国市と合併した
岡村社長が代表取締役会長に、池田専務が代表取締役社長に就任
高年齢者雇用安定法の改正に伴い、60歳定年後の再雇用制度をスタート
中国、紹興市に100%出資の会社を設立。社名は「紹興桑瀬線業有限公司」6月8日設立
PCT国際特許出願のUSCナイロンを使用した『磯スペシャル TECHNICIAN type TC』を発売
2007
平成19
1月
創立30周年を迎えるにあたり、日本釣振興会本部(200万円)及び中国地区支部(50万円)とNPO法人、自然と釣りのネットワーク(50万円)に寄付金を送る
2月
海外戦略強化のため、貿易部、紹興サンラインを下部組織とする、海外事業部を設置
8月
当社「企業理念」を改定
紹興桑瀬線業有限公司を増資 (資本金$260,000)
12月
研究開発用最新鋭押出ラインを導入
2008
平成20
2月
2月5日、LOS ANGELES に「SUNLINE AMERICA CO., LTD.」を設立
(資本金$200,000)
2009
平成21
4月
「SUNLINE AMERICA CO., LTD.を増資(資本金$400,000)
10月 
特殊パイプでチモトをガードする「トルネード・ブラックストリーム ガードハリス」を発売
2010
平成22
3月
ナイロンハリスの代名詞である「パワード」を、リニューアル発売
4月
FCスナイパー並びにFCスナイパーBMSをリニューアル発売
12月
関東、甲信越から北海道までの指揮命令系統を一本化した
2011
平成23
4月
営業本部の指揮命令系統を明確にするため、本部機能を分担する各部を設けた
10月
1999年発売のカーボンハリス”トルネードVハード”をリニューアル発売
2012
平成24
4月
ヘら用ハリス、道糸にHMW(超高分子量)ナイロンを採用した「奏」を発売
2013
平成25
4月
バスフィッシング用ライン「シューター」をリニューアル発売
2013
平成25
9月
スーパーブレイド5を発売
魚に見え難いハリス「トルネード SV-1」をリニューアル発売
2014
平成26
3月
池田社長が代表取締役会長に、中野常務が代表取締役社長に就任
     
   
PAGE TOP