top_image/tophead_03.gif
製品情報
>
変化を掴むこと。それが1匹に繋がる鍵
SaltiMate STATE CLUTCH ■ナイロンライン マテリアル解説 -->>
【ソルティメイト ステート クラッチ】


■UV-Resistant
(Unresisting-Line-Shape)
ナイロンの弱点である紫外線劣化を極限まで抑えたUVカット製法。キャスト距離、耐久性がアップします。
■トリプルレジンプロセッシング
(結びにも強く、しかもしなやか)
単層コーティングの「SRP」をグレードアップさせ、三層でコートさせました。分子間への樹脂焼き入れ加工を施す事により、耐吸水性や滑り性に加え耐摩耗性等の特性を同時に兼備させるオリジナル加工。
ランカーシーバスは非常に警戒心が強い。この警戒心を解くためには“自然体”が鍵となる。 それを演出するための主役はルアー。そんな名演技の影の功労者はリーダーである。
ランカーシーバスの目を欺くには“ルアーを意のままに操作すること”が求められる。 それには“水流変化を感じること”すなわち水流の緩急の差を判断することが重要となる。
その変化を感じ取ることが出来れば『アクションを加えるタイミング』や『HITの予測』が容易にな りアングラー側にアドバンテージが生まれる。
これら釣る為に必要なファクターを知ることが出来るのが“State Clutch”だ。 一番の特徴は「今ルアーがどこでどう動いているのか」という情報を得るためにベストセッティン グされた“初期低伸度設計”ということ。これは、ランカーサイズがHITした時でも強靭な顎を貫くパワー伝達の仕事も同時にこなす。
しかし、初期の伸びを抑えただけでは全身の力を振り絞り水面を割って高々と跳び、突如として 反転行動をも起こすシーバスには太刀打ち出来ない場面もある。
そのような限界点では「適度な伸び」が衝撃を瞬間的に吸収し、いなし、バラシを軽減する。 ルアー操作からランディングまでの過程を考え抜いた最高のナイロンリーダーである。
  • (カラー:クリア/50m単品)

規 格 LB 12 16 20 25 30 35 40
50m単品 参考号柄 3 4 5 6 7 8 10
※価格はオープンプライスです。 JANコード上7ケタ 4968813



ナイロンリーダー離れを感じる最近のシーバスゲーム。アングラーの多くが「PE+フロロカーボン」というセッティングを組み、様々なフィールドでキャストを繰り返す。
もちろん、多くの部分でフロロカーボンにメリットを感じるが故の選択だろう。
しかし、今回新たにリリースしたリーダー『
STATE CLUTCH(ステートクラッチ)』はナイロンでありながらナイロンラインのデメリットを改善したモノに仕上がった。

【変化を掴むことで辿り着く答え】

アングラーのイメージとして「ナイロン=伸びる」「ナイロン=糸自体の硬度が低い」…よって「なんとなく弱いよね」「伸びがデメリットになるんじゃない?」といった連想ゲームが頭の中で繰り広げられていることがあるだろう。

まず着目したのは「伸度」。
シーバスは流れの変化点をいかに掴むかが1匹に近づく鍵になる。
それが流芯なのか、流れがあるポイントとなくなるポイントの境目なのか、反転流が起こる場所なのか…この変化を手元で感じ、頭の中でイメージすることでアクション〜ストップ、またはその逆といういわゆる“喰わせの間”を自らの判断で作ることが可能となり、「狙って獲る」釣りが展開出来る。

また、低伸度でのもう一つのメリットは遠投先でもルアーをきっちりアクションすること。トップウォーターやミノーなどの釣りで細かいアクションを加える際、初期伸度が低いことでティップに入力したパワーをより伝えることが可能となる。
さらに、伸びるあるナイロンラインでは不得意であった遠距離でのフッキング率も同時に向上する。

単純な引っ張り強度でも高い数値が表している通り、河川でのランカーとの真っ向勝負にもアングラー優勢で対応出来る強度を備えている。
テスト段階でも河川はもちろんだが、ショックショアからのテストも敢えて行い、強度の高さに十分な確信を得てのリリースとなっている。

【安心の結束強度】
直線強度やPEラインとのノット部分の強度も然ることながらスナップとリーダーの結束部分の強度ももちろん重要である。STATE CLUTHはその点に関しても妥協をせずに高い結束強力・強度を実現した。

【ヘビーユーザーに向けた巻き数】
通常のシーバスリーダーと言えば20m〜30m程が各メーカー定番だろう。
しかし、週末だけの釣行では収まらないヘビーユーザーにとってはやや物足りない巻き数であった。そこで、今回リリースする「CUT IN」と「STATE CLUCH」はヘビーユーザーにも満足してもらえるように“50m巻き”を採用した。



PAGE TOP
一般的なラインの素材特徴 ラインの製法・加工・仕様 ナイロン・フロロカーボン・エステルライン規格表 PEライン標準規格