ENGLISH
  • キャスティング

水面も水中も春の気配 ヒラマサゲームin山口日本海 ショージ松本

2020.2.20

どうも、サンラインのショージ松本です。
「いつオフショアへ行くの?」「行ける時でしょ!?」という訳で先週の土曜日も行ってきましたヒラマサ釣行。本来であれば日曜日に予約していましたが、時化予報だったので急遽お世話になっているみなさんに誘って頂き、予定変更。

今回お世話になったのは山口県健洋丸・松岡船長。
朝はもちろんトップからスタート!
そしてすぐにHIT!

ナイスヒラマサです♪


【Tackle Data】
Rod:TRUTH JAPAN OceanSprinter 856
Ree:DAIWA SALTIGA 5000H
Line:SUNLINE PROTOTYPE PE 6号
Leader:SUNLINE SYSTEMSHOCKLEADER NY 130lb
Lure:D-CLAW MARINO200slim

小型ですがオレも。




10kg超えのヒラマサ!さすがです!
またモンスターバトルPEも使って頂き、ありがとうございます♪




さらにはブリまでHIT!
これまたモンスターバトルPEで!
ありがとうございます♪



これまた10kgオーバーのナイスなヒラマサ!
さすがです☆


【Tackle Data】
Rod:Ripple Fisher Aquila85H+Monster
Ree:SHIMANO STELLA 14000XG
Line:SUNLINE PROTOTYPE PE 8号
Leader:SUNLINE SYSTEMSHOCKLEADER NY 150lb
Lure:fish trippers village ルグランタンゴ

オレにはデカイのがきませんww

その後、ジギングにシフト。
スルメイカ、小型のイカ、イワシなどを捕食しているようで、比較的ショートジグへの反応が良かったですね。



【Tackle Data】
Rod:DAIWA SALTIGA BJ 64XHS
Ree:DAIWA SALTIGA BJ 4000
Line:SUNLINE PEジガーULT8本組 2号
Leader:SUNLINE システムショックリーダーFC 40lb

ジギングを楽しんだ後は再びキャスティングへ。
しっかりと潮が流れ、雰囲気ムンムン!
ミヨシでキャストしていた自分のルアーに背びれを出して泳ぐ魚が猛突進!!

そして、がっちりバイト!
食ってすぐは少し手前に走ってきたので、脇挟みのファイト。
下に突っ込みだしたらグリップエンドをお腹の下へ当ててやり取りをする。

ドラグはかなり締めていたので、突っ込みで糸が出て行くことはなかったですが
重量感や頭の振り感からすると13~14kgはあるかなと思いながらリールを巻く。
もちろん、ヒラマサも抵抗し船底へ角度をつけて潜ろうとする。

それを耐えていたとき・・・
フッと軽くなると同時にルアーが水中から勢いよく飛び出す。
外れました・・・

もう少しだったのに。
いや~、悔しいですね。
良型、大型のチャンスは一日投げ続けて1回あるかないか。
大型が乱舞という状況もありますが、中々そういった状況に遭遇できるチャンスは稀です。

なのでチャンスは必ずものにしておかないと、後悔することになる。
まあ、どの釣りでも同じ事が言えると思います。
今回バレタのは完全に自分のミスです。

でも、時には道具の不具合で起きるバラシもあります。
その中でラインはかなり重要な役割を担っていると自分は思います。
突然訪れたチャンスに100%のキャスト、ファイトをしてもらうために実釣での釣行はとても重要だと思っています。

予想もしていなかったことが起こるのが対自然。
可能な限りテストを続けて現時点で100%納得したものをリリースしたい。
ですので、まだまだテストは続きます。

「いつリリースされるの?」とありがたい言葉も頂くようになってきましたが、リリース時期は未定です。すみません。ただ、納得できるものが出来た時点でリリースしたいと思いますので、もうしばらくお待ち頂ければ幸いです♪

また懲りずに海へ行きます・・・


色が淡くなっているプロトはかなり長期間巻いているものです。
もちろん新しいモノに巻きかえればいいかもしれませんが、ユーザーさんによっては長い期間同じPEを使う方もいらっしゃると思います。
そういった部分も考慮して耐久性もチェックしています。

キャスティング&ジギングに関して信頼して使っているリーダーはこれ↑
システムショックリーダーNY&システムショックリーダーFC。
オススメです♪

SUNLINE MOVIE
サンラインムービー

MORE