ENGLISH
  • チヌ
  • 防波堤

【ヘチ黒鯛】ハリスの使い分け。

2018.4.26

こんにちは。(°▽°) サンライン ちぬテスターの古後です。今日はハリスの使い分けのお話。
皆さんは釣行時にハリスを何種類ポケットやポーチに入れてますか?私は4種類常備しておりましたが、黒鯛ハリス登場で5種類になりました(笑)
先ず、潮や風が緩く穏やかな時は、しなやかな【スーパートルネード】【トルネードコング】
更に穏やかなベタ凪の時になどは【パワード】
パワードはナイロンなので、比重が低く餌をゆっくりと落とす事が出来ます。擦りには弱いですが、魚との引っ張りっこではフロロより強いので、底を転がす釣りには不向きかもしれませんが、タナでの釣りにはめっぽう強いと思います。
そして、潮が早かったり強風の時などは、硬く張りのあるハリス。【パワーストリーム】
前回の投稿でも書きましたが、潮が速い時に、魚の鼻先に餌を届けるには、柔らかいフニャフニャの棒より、硬い棒の方が確実に鼻先に届けられますよね。オモリのサイズの使い分けでアタリも明確に出たりします。
潮が澄んでいたり、黒っぽく見える時、朝マヅメ、夕マヅメの薄暗い時は迷わず【ブラックストリーム】です。
しなやかでありながら、適度な張りもあり扱い易いハリスです。
最後に、私達 東京湾の黒鯛師が大好きな茶色い色の潮。潮がこの色になると、とても癒されます(笑)黒鯛ハリスはステルスブラウンカラーで茶色い潮に同調し易く、フロロでありながら弾力を兼ね備えているので、魚の引きを吸収してくれます。そして、サンラインのハリスでは一番しなやかなハリスです。
如何でしたか?ハリスはとても重要な役目があります。そのハリスにキチンと仕事をしてもらう為に使い分け…大切だと思います。もう一本。増やしては如何でしょうか。(^_^)今日はハリスの使い分けのお話でした。(°▽°)

1237CA53-D2A0-4933-BE52-503CD0D4DCF1
DDB9134D-4A56-410C-A6DD-BB4F80C081B0

SUNLINE MOVIE
サンラインムービー

MORE