ENGLISH
  • ロック/ライトゲーム

ラインの使い分けで快適アジング♪

2018.11.13

皆様良い釣りされてますか!?
大分県のサンラインソルトアドバイザーの早田一貴(そうだかずたか)です!!

今回はこれからシーズンに入ってくる大分県央のアジングをリポートをさせて頂きます♪

釣行したのは夜は10℃アンダーを割り、防寒着無しでは外に出られなくなってきた11月中旬。
この頃になると毎年海水温も少しずつですが下降気味になりつつあり、海中も段々と冬の釣りモノ達で賑やかになってきます。

さて、今回エントリーしたのはこの時期小さなイワシ等のベイトが接岸してくる大分県央エリアの中規模港。今期も予定通り接岸してきたこのイワシ達を求めて多くのアジ達が接岸していきています。
当然、このアジ達を求めて多くのアングラーも(笑)

今回釣行した時も多くのアングラーで良いスポットは全て埋まっていた為、私がエントリー出来たのは多くのアングラーの方々から少し距離を取ったスポット。
このスポットは下げ潮のタイミングで沖に走る潮が沈みテトラに当たり良い流れが生まれる所謂「隠れ一級スポット」♪

折しも私がこのスポットに入れたタイミングが下げ3分程度でこれから良い流れが生まれ出すタイミング。そそくさと準備を行い、潮が効き出す前にまずは底付近を丁寧に釣る為に2gジグヘッドを結んだタックルを手にします。

こう云ったラインテンションを張り気味にして地形変化を丁寧に釣りたい時に私が選ぶラインは「PE-EGI ULT HS8 0.3号」に「Small Game LEADER SV-I 3lb」。
ULTの超低伸度と8本撚りの平滑性かつ真円、またSV-Iの魚へ対してカモフラージュ性能が非常に気に入って導入しています。

キャストを行いカウント25程度でボトムタッチ。
そこからスローにボトム付近をストロールさせながら引いていくと・・・
「コン!!」という小気味良いバイト!!
このバイトを手首でクイックフッキングすると「キュンキュン」という中々の引きで応戦します。
この引きを存分に楽しみながら水揚げしたのは良い体高の25cm程度のアジ♪

2018_11030018

幸先の良い一尾に気分は上々♪
直ぐ様次なるキャストへ移行します。
ですがやはり潮がまだ効いていない為、このスポットは機能しておらず釣れてもポツリポツリ程度。
それでも釣れれば25cmUPの為、そこそこ楽しめます(笑)

そこから1時間程度流れが生まれるの待ち。
段々と潮が効き出し良い流れが生まれ出したタイミングでボトム付近でアジが当たらなくなってきたので少し浮き出した事を確信。

直ぐ様1gの軽量ジグヘッドを結んだタックルを手にします。
こう云った軽量のジグヘッドを使う際はアジが浮き気味の時やラインテンションをあまり張らない釣りをする時が多い為、私が選択するのは「鯵の糸エステル Night Blue 0.3号」に「Small Game LEADER SV-I 3lb」の組み合わせ。

鯵の糸エステル Night Blue」は所謂エステルラインなのですが、やはりエステルライン特有の超低伸度とPEに比べての比重の重さがアジングを更に快適なモノにしてくれるんです♪
またこの恩恵はタフコンディション時にこそ効果を発揮します。

キャストをしカウント5からのスローにリトリーブを行っていくと・・・
「ココン!!」と良い感じに喰い気が立っているアジの当たり♪
このアジも中々の良い体高をしています。

2018_11030019


流れが機能し出したこのスポットは無敵(笑)
次から次にアジが口を使います♪
このハマった時の連発モードがアジングの醍醐味ですよね(笑)

2018_11030023


いやはや、たまりませんねホント♪
気付けばまぁまぁな数を釣ってました(笑)

2018_11030022

釣れるアジはこんな感じの綺麗で良い体高の個体ばかり。
このエリアのポテンシャルの高さが伺い知れます。
そりゃ人気ポイントにもなりますわな・・・(^_^;)

因みに最近のアジングでライン以外で導入している便利グッズであるコレ。

2018_09060001

今期のサンラインの新製品である「Night Surround Vision」(ナイト サラウンド ヴィジョン)
詳しい説明はコチラをチェック!!⇒夜でもラインが見える!!革命を起こすライト「ナイト サラウンド ビジョン」登場

私自身も発売時頃からこのライトを使い込んできたので良い所を端的に説明するとなると「ホントにライン結束が楽になる」という事ですかね。

2018_09170003


このライトはNSV光と白色光を搭載しているのですが、通常のフィールドの足元を観る際やルアーをセレクトする等の比較的に広い視野を視る時には白色LEDの方が個人的には見易いと思うのですがライン結束等の細かい作業をする時にこのNSV光が効果を発揮するんです。

その理由としてはNSV光を生み出すディープブルーのLEDと赤のLEDの合わせ技。
この合わせ技が暗闇に慣れた目の瞳孔を絞る事無く、またピントスピードも妨げず手元の細かい作業をやり易くするんですね♪

この効果は一回使って頂くのが一番かと♪

2018_11120005


今期のアジングはラインの使い分けで変わりゆくパターンにアジャストさせ、更に釣果を伸ばしてみませんか?
勿論「Night Surround Vision」も合わせて使って頂くと更に快適になりますよ♪

それでは皆さん良い釣りを!!

[使用タックル]

タックル➀
ロッド・・・The Durandal ADS-63SULLZS(Angler’s-Discover)
リール・・・ツインパワー1000PGS(シマノ)< br />ライン・・・鯵の糸 Night Blue 0.3号(サンライン)
リーダー・・・Small Game LEADER SV-I 3lb(サンライン)
ルアー・・・アジアダー各色(レイン)

タックル②
ロッド・・・The Hrunting ADS-63SULZS(Angler’s-Discover)
リール・・・ルビアス2004H(ダイワ)
ライン・・・PE-EGI ULT HS8 0.3号(サンライン)
リーダー・・・Small Game LEADER SV-I 3lb(サンライン)
ルアー・・・アジアダー各色(レイン)

ライト・・・Night Surround Vision(サンライン)