ENGLISH
  • シーバス

魚とごはんのお店へ。平中竜児

2019.9.2

和歌山ソルトテスターの平中竜児です。 前線の影響か時折叩きつけるような雨も多く日々どんよりとした天気が続いております。 このような長く続く雨の場合はまとまった雨量ではなくても川の流れが重く早くなります。 8月最後の週末は土日と重なり家族連れの観光客自体は少なく感じましたが、秋を感じさせる気温となり魚の活性も徐々に上がってきているのかスズキや他の魚を狙う釣り人の姿は多く見られた気がします。

当日もいつものポイントへ出向くと先行者が2名居られ、ちょうど入れ替わりで帰られる所だったみたいで一声かけさせて頂くと良さそうな状況だったのにマル(スズキ)が1本釣れたのみだったそうです。 状況が良さそうだろうが悪そうだろうが、潮回りが良さそうだろうが悪そうだろうが、釣れようが釣れまいが私には全く関係ないのでいつものようにキャスト練習を開始します。

このキャスト練習も適度にしておかないと肩に掛かる負担がヤバく、度を過ぎると翌日は投げれなくなる程の痛みが出るのは分かってる筈なのに軽く4時間は全くアタリ無しでした。 色々手は尽くしましたがあまりの反応の無さに諦め半分でリーダーをカットインからステートクラッチに組み直してクロスウェイク111Fをロッドを立ててチロチロヨタヨタ巻いてくる。 もう夜明けまで数時間という所で何の反応も得れない状況からのいきなりのヒット。

DSCF3284

下からひったくるような反転掛かりのジャスト4kgくらい。

朝まではもう少し時間がありそうなんで「せめてあと1匹!」と頑張りましたが、10投程で気力と体力が途絶えました。 流れに乗せ気味でゆっくりヨタヨタ巻いた方が良いかなと状況から見て判断しリーダーを組み替えた事が功を奏したのかは定かではないですが、とにかく頑張らないと結果が出にくいのは確かです。

DSCF3286

サイズは70チョイって所でしたがまあまあ納得の1匹でした。 ちなみにこのお魚はすぐに血抜きし神経締めをして、私の移住の先輩でヒラスズキ釣りの大先輩でもある大橋さんが営む「 」へ提供させて頂きました。

DSCF3288

串本町へ釣りに来られた際は足を運んでみては如何かなと思います。 ヒラスズキ釣りの面白い話しが聞けるかも知れませんよ♪

【Tackle Data】
Rod:Foojn’AD Natural Seven 77MH
Reel:DAIWA トーナメントISO2500
Line:SUNLINE CAREER HIGH6 1.2号
Leader:SUNLINE STATE CLUTCH  35lb.
Lure:クロスウェイク111F

SUNLINE MOVIE
サンラインムービー

MORE