2022.5.6

PLASMA

事例紹介 CASE「桧(ひのき)のプラズマ処理事例」を公開しました。

事例紹介 CASE「桧(ひのき)のプラズマ処理事例」を追加しました。

プラズマは「数1000℃の電離ガス」の状態ですが、大気圧低温プラズマなら、桧などの木材を焦がしたり燃やしたりすることなく、表面を処理することができます
コーティングや薬液処理の浸透性改善などに、大気圧低温プラズマを利用されてはいかがでしょうか。

 

▼リンク

CASE「桧(ひのき)のプラズマ処理事例