ENGLISH

製品を安全にお使いいただくために

安全に釣糸をお使いいただくためにご使用前に必ずお読みください

釣糸全般の取り扱い注意事項

  • ナイロンライン
  • フロロカーボンライン
  • ポリエステルライン
  • PEライン
  • 	エクセレントPEライン
  • ハイグレードPEライン
  • ハイクオリティーPEライン
  • アルティメットPEライン
  • ハイグレードPEラインタイプⅡ
  • ハイブリッドメタルラインタイプⅢ
  • ハイテンションメタルラインタイプⅡ
  • 鋼
  • 釣糸を切断する場合は、ハサミなどを使用してください。手や歯で切断するとケガのおそれがあります。
  • 釣り以外の目的に使用しないください。
  • 釣糸が切れたはずみで転倒したり道具を傷めることがあります。
  • 釣糸は手や、身体に巻き付けて使用しないでください。指を切るなど、ケガをするおそれがあります。
  • 釣糸は口に入れないでください。油剤、顔料、染料などの加工剤が付着しており、健康を害するおそれがあります。
  • お子様の手の届かないところで保管してください。
  • 釣糸は想定外の力が加わった場合は糸が切れることがあります。
  • 釣糸は環境保護の観点から、釣場へ捨てず持ち帰って処分してください。
  • 釣糸は高温場所や直射日光のあたる環境下で長時間放置しますと、強力のダウン等、品質変化が発生しますので、ラインの保管はなるべく暗所低温場所にて保管して下さい。
  • 釣糸は、表面の滑りが優れていますので、ノット作製時はしっかりと均等にテンションがかかるように締め込んで下さい。
  • 着色された釣り糸は色落ち、色移りをすることがあります。皮膚や服、道具などに飛び散ったり移染する可能性があります。
  • マーキングカラーの長さは、荷重の掛かり方・使用状況によって多少の誤差が生じることがあります。目安としてお考えください。

PEラインの取り扱い注意事項

  • PEライン
  • 	エクセレントPEライン
  • ハイグレードPEライン
  • ハイクオリティーPEライン
  • アルティメットPEライン
  • ハイグレードPEラインタイプⅡ
  • 釣糸は想定外の力が加わった場合は糸が切れることがあります。
  • 釣糸は環境保護の観点から、釣場へ捨てず持ち帰って処分してください。
  • 釣糸は高温場所や直射日光のあたる環境下で長時間放置しますと、強力のダウン等、品質変化が発生しますので、ラインの保管はなるべく暗所低温場所にて保管して下さい。
  • 釣糸は、表面の滑りが優れていますので、ノット作製時はしっかりと均等にテンションがかかるように締め込んで下さい。
  • 釣糸は、使用することにより劣化をします。
  • マーキングカラーの長さは、荷重の掛かり方や使用状況によって多少の誤差が生じることがあります。目安としてお考えください。
  • 組糸のためラベル表示は参考号柄です。リール糸巻量の大まかな目安としてください。
  • ハイブリッドタイプの製品は、通常のPE 100%タイプと比べると、リールへの巻き体積が10~30%増しますので、リールへの巻き取り時には十分ご注意下さい。
  • 素材の性質上、熱に弱いので、リールへの巻き取り時は低速で熱がなるべく発生しないように、濡れた布等でラインを挟み込んで巻いていただく事をご推奨します。
  • 素材の性質上、色落ちすることがあります。色落ちした染料が皮膚に付着したり、他に色移りすることがあります。 付着した場合は早めに洗浄していただきますようお願いいたします。(時間の経過とともに染料が落ちにくくなります)強力への影響はありません。
  • ラインコート剤の種類によっては、染色が抜ける等の悪影響を及ぼす場合がございます。ご使用前に必ずパッチテストを行い、異常が無い事を確認してからご使用ください。

金属ラインの取り扱い注意事項

  • ハイブリッドメタルラインタイプⅢ
  • ハイテンションメタルラインタイプⅡ
  • 鋼
  • 金属糸は、電線に接触すると感電の原因となります。
  • 金属ラインの切断は通常のハサミでの使用は止めてください。ハサミを傷める場合がございます。
  • 切断された金属糸の端は非常に危険です。
  • 切断した金属糸を放置しないでください。転倒の原因や環境のためにも回収をしてください。

鮎仕掛けの取り扱い注意事項

  • 針先は危険です。取り扱いに注意してください。
  • 子供または幼児の手の届かないところに保管してください。
  • 針は、釣場に捨てると危険ですので必ず持ち帰ってください。
  • 釣り以外の目的では使用しないでください。