何百年も前から未知数の記号である「X」。
進化をやめない存在にこそ、
「X」の名はふさわしい。

操れ、おもいのままに。

性能・仕様をみる 

 BACK