ENGLISH
  • バス
  • 兵庫県

SIGLON PE×8を用いた冬バス攻略!

2020.1.26

スタッフ

  • 名前:安達 裕
  • 日時:2020年1月
  • 釣果:ブラックバス

年始早々初バス狙って行ってきました野池釣行!
日中の気温は10℃を超え、絶好のコンディションですが、朝夕の冷え込みは0℃近くまで冷え込みます。

極寒期のアプローチは二択。「動」か「静」。「
動」はメタル系のリアクション。「静」はスピニングタックルによる超スローな食わせ。フィールド滞在時間が少なく、高効率に攻めたいので、冬の定番メタルバイブレーションからスタート!

本フィールドのアベレージサイズが小さいこと。
低活性であるが故に確実にバスの口に入るルアーサイズが好ましいこと等々の理由で、選択したのはパワーフィネスロッド。

足元にはブッシュがあり、確実に取り込みたい理由で選んだラインは「SIGLON PE×8」。越冬している底ベタなバスを意識して、池中央にキャスト!
ショートピッチにリフト&フォールを繰り返していると大きなバイトが!組んでいるタックルは絶対切れないセッティングなので、ブッシュを回避し強引に抜き上げ、貴重な貴重な冬バスを仕留める事が出来ました!安価で強いPEライン「SIGLON」!!

お勧めラインですよ!

タックルデータ

SIGLON PEx8

ロッド:フェンウィック・ACES68SMLP+J(パワーフィネス(スピニング))
ライン:SUNLINE SIGLON PE×8 0.8号
リーダー:SUNLINE Vハード 1.75号
ルアー:5gメタルバイブレーション