ENGLISH
  • 神奈川県

気難しいメジナ釣り

2020.3.19

スタッフ

  • 名前:中世武司
  • 日時:2020年3月16日
  • 釣果:メジナ2匹(34~39.8cm)

産卵間近のメジナは気難しい。
その分ゲーム性が高く釣り人を熱くさせるのが魅力でもあります。

そんなメジナを求めてお昼前からのんびりと真鶴の地磯に行って来ました。
春の訪れとともに今までおとなしかったエサ取り(キタマクラ)も出て来て、付けエサが残らない状況が続きます。
仕掛けもウキやハリを替えるのと同様にハリスも色々とローテーションさせて「しなやかハリス」で定評のトルネードコングが気難しいメジナの口元を捕らえる事が出来ました。

メジナ(グレ)釣りも終盤戦、サンラインの色々なハリスをローテーションさせて大型メジナを釣りあげてください。
トルネードコングお勧めです。

タックルデータ

竿:がま磯アテンダーⅡ1-50
リール:トーナメント競技LBD
道糸:磯スペシャル ファインフロートⅡ 1.75号
ハリス:磯スペシャル トルネードコング 1.25号~1.5号
ウキ:GREX+トーナメント観BS・M-G2
ハリ:がまかつ・ファイングレ4~5号