ENGLISH
  • ロック/ライトゲーム

和歌山ライトゲーム ナブラの先には!? 【サンライン×ジャングルジム インプレッション】

2020.7.23

カンパリ投稿記事

悪天候の日本海側をあきらめ和歌山への釣行。
現地に着き、日が昇るとあちこちにナブラが!

 

ばなじゅー様 サンライン×ジャングルジム モニターレポート

 

 

今回は2メーカー共同のモニターということでラインサンライン様とメタルジグジャングルジム様の確認からしていきます。

まずはラインの説明から。
私はジグ単には同社の鯵の糸を使用していますが、PEはY社の物しか使ったことがありませんでした。
SIGLON PE×8を巻いてみた感じはすごくシルキーでコシがあり”強そう”と感じました。
リーダーは同社の1.25号を愛用しているのですが今回は0.8号が同封されていたためこちらを使います。

メタルジグはジュピターは初ですが、同社のジャコイチで釣果は折り紙付きでしたので期待をして挑みます。

 

 

サンライン×ジャングルジム いざ、和歌山へ

 

 

天気予報によると日本海側は時化で雨予報でしたので、事前のリサーチで関西南部で鯖の釣果がある事をキャッチしていましたので和歌山に行く事にしました。

前日は雨が降っていて当日の予報は曇りでしたが到着するとすでに雨が降っていました。
風は強風ではないですが、向かい風でPEは不利かと思いましたがSIGLON PE×8は絡まりもせずまっすぐジグを運んでくれました。
またローライト時には見易いグリーン色で認識性もバッチリでした。

日が昇り始め明るくなってくると漁港内であちらこちらにナブラが立ち一気に活性が上がります。

そこでジュピターを可能な限りナブラの近くに届けてやりますが、喰いが浅く乗りません。
そこで遠投は諦め3gに変えてフォールしていると絡まるようなバイトが。
上がってきたのは小さなカマスでした。

その後もバイトはありますがショートバイトでキャッチには至りません。
そこでもう一度7gに戻し遠投してレンジを下げていきます。
すると、ガツンとバイトが。
上がってきたのは15cm位の鯖でした。

ナブラが立ち活性が上がったのは5時半から6時半までの少しの間でその後は沈黙しサビキでちらほら上がる程度になってきましたので納竿としました。

 

 

サンライン×ジャングルジム 使った感想

 

 

今回使ったジュピターはスロータイプのメタルジグでひらひらとアピールしながら落ちていくため多くの魚が寄ってきやすく集魚性が高い事も確認できました。
写真にあるようにカマスに齧られホロがボロボロに。

また、フロントにアシストフックがあるため根掛かりしにくく今回はロスト無しでした。
釣れませんでしたが、30cmくらいのメッキのチェイスがあったので今度は狙いたいと思います。

これから夏になり、ますますライトゲームが盛んになります。
この記事を見た皆さんもSIGLON PE×8とジュピターを是非お試しください。